日本経済成長の一翼を担うクルーズ船ビジネス

日本全国で、官民が連携したクルーズ船の受け入れ態勢の整備が急ピッチで進んでいます。

USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)の裏手にある港湾でも官民連携での港湾整備が進められています。



USJでは関西空港へのLCC路線拡大によるインバウンド旅客の拡大の恩恵をそのまま享受している格好です。

そのUSJのすぐ裏側にある天保山の港湾で、民間ノウハウを活用した整備が進められています。

民間の資金も使って、オリンピックに向けた港湾インバウンド増加の上昇気流をつかもうという大阪市の決意と活動です。

新聞記事でも全国で港湾の整備が加速していることが報道されています。

 

(日経新聞より)「官民が連携してクルーズ船専用港の整備に乗り出す。国と自治体が専用埠頭をつくり、クルーズ船会社が旅客ターミナルを建設する。横浜市と日本郵船が横浜港で整備を計画、海外大手も地方港に投資する。政府は施設整備したクルーズ船会社に港湾の優先使用を認める。クルーズ船は寄港地への経済効果が大きく、官民連携で訪日客の受け入れ体制を整える。日本の港湾はほとんどが貨物船向けでクルーズ船専用港は少ない。このため国と自治体は港湾に大型船の寄港に対応した専用の埠頭を整備する。訪日客の受け入れには税関や出入国の手続きができる旅客ターミナルも必要で、1カ所当たり約10億円かかるとみられる。船会社に建設費負担を求める代わりにターミナルを優先使用できる優遇措置を設けて投資を促す。」

世界でもっとも著名なクルーズの一つに、カリブ海クルーズがあり、いくつかのオペレーターがいますが、その中にディズニークルーズがあります。
 
洋上のディズニーランド、120%の非日常の世界です。
出所:ディズニークルーズライン
 
私たちの浦安にはディズニーがあり、そして広大な海があります。
 
そこから帰結される答えは一つしかないように思います。
もちろん超えるべきハードルはあります。しかし、超えられない壁などないはずです。

大阪市は動いています。

東京都も動いています。

横浜市も動いています。

千葉市も動いています。

福岡市も動いています。

熊本市も動いています。

沖縄県も動いています。

さて、浦安市は動かなくて良いのでしょうか?国から引っ張ることの予算は早い者勝ちです。

浦安発着のアジア域内ディズニークルーズの事業を、市民の声とノウハウで実現に向けて推進してはいかがでしょうか。

内田新市長は「市民が主役」と仰っています。市民からの希望の声が大きくなれば、内田新市長ならばきっと動いてくださるのではないでしょうか。

 
そして、大型客船が浦安に寄港できるようになれば、浦安の一番の課題である災害時の対応能力も格段に上がるという非常に重要な効果があります。
 
大型客船には海水の淡水化機能があり、厨房があり、宿泊施設があります。そして医療機器さえもあります。
 
同時に大量の人の輸送も可能です。
 
熊本地震の時も、大型フェリーが活躍しました。




 

「2016年4月14日に始まった熊本地震。発生から1週間もたたない4月20日に、270人の自衛官とトラックなどの車両80台、救援物資を満載し、神戸港から熊本・八代港へ派遣された大型フェリー「はくおう」(1万7345総トン)が同地で5月末まで、1か月以上にわたり活躍しました。

同船がその設備で被災者向けの宿泊、供食、入浴サービスを開始したのは4月23日。それ以来、5月20日までに累計2000人を超える被災者へ「安息の場」を提供しました。乗船した被災者からは「余震の不安もありませんし、久しぶりに足を伸ばして眠れ、のんびりできました」「お風呂でリラックスできました」などの感想が寄せられているといいます。」(日経新聞)

浦安にとってのクルーズ船の誘致は単なる観光活性化に留まらないのです。

大型船が寄港できる港湾の整備は、浦安の未来を長期にわたってあらゆる側面から支えるインフラになるはずです。

もしそれが実現できれば、新浦安の魅力は拡大し、その価値を大きく向上させることができます。

ぜひ浦安市民の皆様の声で、まずはPFIによる整備検討の推進を行政にお願いしてみることから始めてみてはいかがでしょうか。