一時はバサロの鈴木大地さんの名前が囁かれた千葉県知事選挙ですが、石井準一議員が熊谷さんの指示を表明したこともあり、出馬辞退となりました。

熊谷さんが強すぎるという判断なのか、そこまで強いご本人の意欲があったわけではなかったということなのかは分かりませんが、それに変わって自民党からは関さんが出馬を表明されました。

関さんは元千葉県議です。県議から知事に出るというのは、党からの強い要請があり、それに応じたということでしょうか。

そんな関さんは以下の政策を発表されています。

(関候補の政策パンフレットより)

今後詳細な分析が必要ですが、比較的当たり前のこと、今すでにやっていることが中心で特筆すべき政策は見つかりませんでした。

コロナと災害が一緒に語られている点も要確認かと思います。とるべき対応策が全く違いますので、議論は分けるべきではないかと思われます。少し突貫で作られた印象があります。

ちなみに熊谷さん、関さんは同じ早稲田の同朋です。

少し戦いにくい選挙戦かもしれません。

また、立候補している熊谷俊人さんですが、実は浦安にお住まいでした。

ということです。浦安市にも想いを持って接していただけることを願いたいと思います。