以前より浦安の発展の起爆剤ともなりうる三番瀬に面した広い敷地の開発計画ですが、2017年末より内田市長名で三番瀬環境観察施設の計画概要が掲示されています。

2017年度の予算で、18年5月開業で新しく建物が建ちます。

建物の計画概要は以下の通りです。

・建物の用途: 集会所機能や倉庫。建設費は約1.5億円

・2階建、約230平米(お隣アイルズの大きめの戸建てくらいのサイズです)

 

2000平米もある土地で海を眺める超一等地ですが、建築面積は160平米の小規模施設に留まることになりました。

普通の戸建て、例えば、隣のアイルズの計量鉄骨造組み上げの工法だとこの広さであれば5000万円程度で建築可能だと思われますが、1億円超の予算が組まれています。

堅牢な鉄骨造の造りになります。

その周りにいくつかの自然をテーマにしたエリアが公園内に設置される予定です。

東京都が日比谷公園で素晴らしい民間と連携した商業施設をオープンするなか、浦安市では、こじんまりとしているわりに億単位の費用をかけているというなんとも塩辛い施設ができることについて、市民の皆さんはどのように捉えていらっしゃるのでしょうか。

浦安市の担当課さんは、能動的な事前ヒアリングも、周辺住民への事前説明会も実施しなかったようですが、本来はちゃんと市民ニーズをしっかり聞いた上で億円単位の建設費を支出すべきではなかったのではないかと感じます。

パブリックコメントの結果を見ても、市民の意見はバラバラです。このような状態で計画をおしすすめて良かったのでしょうか。

市民が主役という公約、民主主義の本質が、本件については忘れ去られてしまっているように見えます。

すでにここまでコンクリが出来てしまうと、今更市民ニーズに応えた商業的地域活性化施設に!と言っても無理なのでしょう。

貴重な一等地の土地だっただけに、本当に残念です。

日比谷公園のような素晴らしい商業施設がもしこの場所にできていたら、浦安市の新たな成長と発展のきっかけなる案件になったことは間違いないでしょう。