新浦安では撤退が決まってしまったイトーヨーカドーですが、葛西では大規模な改装とテナントの入れ替えを行い、リニューアルオープンします。

 

顧客利便性と施設全体のさらなる商品とサービスの充実のため、専門店を71から74店に拡大。新規導入店舗17店、リニューアル33店、合計50店舗を刷新することになりました。

1階には、

「ライトオン」

「ロフト」

が出店します。

3階フロアには、子育て世代のファミリー層に向け、キッズアミューズメントパークをテーマに、

都内初出店の子どものための絵本と遊びの広場「キンダープラッツ」

マタニティ・ベビー・キッズ専門店「アカチャンホンポ」

ベビーからキッズまでそろうファッション専門店「マザウェイズ」

が出店。

2階は服飾雑貨を中心に日常生活をサポートする「ライフコンシェルジュ」をテーマにサービス、カルチャー関係の店舗が新設されます。

2018年2月にはイトーヨーカドー、フードパークの入った地域最大級の4958m2の「食エリア」が完成し、フードパークには、「豚骨一燈」、「ゴーゴーカレー」、「カルディコーヒーファーム」などが出店予定です。

民間企業は営利企業ですから、儲かるところには投資するし、ダメなところはリストラをします。

新浦安から撤退するイトーヨーカドーはまさにその典型例です。

ひとえに浦安は海に囲まれておりTAMが極端に小さいということもあるかもしれません。

しかし葛西にはないディズニー客の宿泊需要という人口以外のプラス要素もあります。

浦安市は都市計画における戦略性をどのように考えているのでしょうか。これからの方針が気になるところです。

民間からは海岸線を使った地域活性化の具体的提案が複数の市民団体から内田市長に直接提案がなされているようです。

最近も明海地区の団体Next30さんによって「三つの海の物語」と題して、大変夢のある提案が行われたことが彼らのHPで公開されていました。

これらを内田市長は真剣に実行に向けて浦安のために行動されるのか、それともスルーされるのかは、次の選挙に向けての判断材料として注目があつまる点になろうかと思います。

「3つの海の物語」提案の実現にはなかなかお金がかかるので、ファイナンスはどうするのか(PFIしかないと思われます)、県や国との調整は誰がやるのか(そのうら代議士の協力要請)といった点について、詰めて行く点があろうかと思いますが、是非実現させたいものです。

そして、これから発表されるであろう三番瀬の環境施設は浦安市の独断で決められることですので、まさにその試金石になるでしょう。この施設の開発の様子を見れば、新市政の新浦安地域に対する「本音」が見えてくるように思います。

地域活性化の拠点、地域の憩いの場となるような多目的施設になるのか、はたまた、特定の団体のための倉庫+アルファになるのか、浦安市の発表を待ちたいと思います。

こういう地域活性化の活動が積み上がって来れば、民間資本も再び浦安に投資を開始してくれるのではないでしょうか。