タレントの出川哲郎さんが、電動バイクで街の人に充電をお願いしながら250キロくらいの旅を行う企画番組がある。

僕は昔から出川さんが好きだ。
出川さんはとても魅力的で、極めて高い人間力を持った人のように思う。
おバカ芸人のようないじられキャラで演出しているが、それが人から憎まれず、愛されるために必要なことだとすべて彼は計算して行動しているだろう。
相手がだれであっても上から目線にならず、感謝の気持ちで対応している彼の姿を見ていると、彼のような人柄で生き続けた場合と、プライドの塊で生き続けた場合とでは、死ぬまでにどれほどの人との出会いや信頼関係を築けるのかについては雲泥の差が出るように思う。

そんな出川さんが、電動バイクの旅で、正月にはわが町千葉県を一周してくれた番組が放映された。

電動バイクは一回3時間の充電で20キロくらいしか走れないので、必然的にたくさんの場所に止まらないといけない。

企画としてうまく設計され、よく考えられた番組だと思う。

電動バイクで細切れに行くので、路線バスの旅のように一気に進むのではなくて、充電時間を使って各地にじっくりとどまるタイプの旅行番組である。我が千葉県にとっては、非常に大きなPR効果があったのではないかと思う。

地元のアジフライの名店や、そんなに有名でないが絶景の観光スポットなど、半強制的に充電のために止まらないといけないため、普段ではほとんどTVに流れない場所がたくさん出てくる。

唯一残念だったのは浦安はルートの上になかったこと。浦安にもぜひ来てほしかったなぁ。

浦安在住の自分でもまだ南房総までそんなにたくさんは言ったことがない。
テレビで初めて知ったお店もあった。
まだまだ新しい発見がある千葉。

千葉には大きなポテンシャルがある。もちろん浦安にも。

そのポテンシャルを引き出すには、アクセスの悪さを何とかしないといけない。

距離は近くても、時間的距離が遠すぎる。高速道路、鉄道の高速化、その予算ねん出は確かに難しいが、例えば千葉県広域自転車道の整備など、まずはできることがたくさんあると思う。

そしてやらなければならないこともまだまだたくさんある。