アクロスプラザ浦安東野の工事が着々と進んでいます。鉄骨がほぼ組まれおわっています。

敷地面積は1,752.64㎡、延床面積は3,786.09㎡。
構造・規模は鉄筋コンクリート造・地上6階建て。

施設内容は地域包括支援センター・調剤薬局一体型コンビニエンスストア・小児科クリニック・ATM・認可保育所・病後児保育施設・幼児教室・飲食店などを予定。

竣工は2018年2月、営業開始は2018年4月予定となっています。




現状の工事進捗はこのような状況です。

アクロスプラザ浦安東野とは

浦安東野のヤオコーの向かいに、大和ハウスの開発用地「アクロスプラザ浦安東野」の建設現場があります。以下、日本商業開発HPより。





アクロスプラザとは以下のような大和ハウスの都市開発における商業施設ブランドで、全国に数多く設置されています。以下大和ハウスHPより。

工事は既に基礎工事が進められ、介護施設の建設や病院施設の建設はかなり勢いがあります。

来年開業なので急ピッチなのでしょう。

浦安東野の地価は今後数年間で右肩上がりの可能性があります。東野地区で言えば、レクセルガーデン新浦安あたりはオーケー、ヤオコー、そしてこの施設が出来、さらに市役所も学校も近いためとても貴重な物件になるかもしれません。

隣のカーサセントリアは建物自体は悪くないですが、底地が賃貸であることは不動産価値の時間経過での確実な低減を意味します。賃借期間完了後は原則取り壊しのマンションです。

エアーズガーデン新浦安も、この施設が開業すると資産価値は上がる可能性がありますね。