新浦安に新たな商業施設が建設中

浦安市日の出に物凄い大きさに商業施設ができて来た。ホテルと併せて3.2ヘクタールの広さなのでかなり大きい方である。手前に見えるは巨大なカーディーラーだそう。噂によるとメルセデスベンツだそうだ。




奥にはテニスコートが2面はいるインドアスクールの建物も一気に工事が進み、見えて来た。身近なエリアで急激に商業施設の開発が進むのは個人的には良いことだとおもう。

交通安全とか気にされて反対の方もいらっしゃるとはおもうが、不動産投資をしていると近くのスーパーやコンビニの存在がどれほど不動産価値に影響するかは身にしみて分かっている。大和ハウスの施設には是非期待したいところである。

ただ、ホテルの旅客で夜10時以降の飲食店はパンパンなんではないかなと推察する。

 

新浦安が目指すべき道

新浦安は単なる住宅地ではなく、もはやこれだけホテルができて来た以上は、観光地としての地域活性化を進めるべきだ。

ハワイのワイキキだって、単なる田んぼだったところにホテルがたくさんできるようになってついには砂を外から持って来て人工ビーチのワイキキを作ってしまった。
それくらいの新しい発想と勢いやモメンタムを持って、新浦安の価値向上に我々は努めるべきではないだろうか。

海を活用した地域活性化や、新たな交通網の整備は、防災の面でも浦安市には大変重要な意味を持つ。熊本地震の際も、大型客船が現地に行き、巨大な避難所として大活躍した。
なぜ海に囲まれた浦安でそういった発想が出ないのか。出ていても誰かが止めていたのかもしれない。
今度市長が新しい人に変わる。浦安市の未来にとって大変重要な選挙になる。